コレステロール値が高くなったら見るサイト 手軽にできる3つのポイントのメイン画像

コレステロール危険度チェック項目3 運動頻度

月に運動するのが○日以下の場合は要注意!

ウォーキングやランニングがおすすめ。
また苦手な人はヨガなどからおすすめ。

その理由などもご紹介ください。




運動とコレステロールの関係とは


最近、コレステロールという言葉をよく耳にするようになってきましたが、コレステロールとは要するに「脂質」の一種です。

コレステロールには主に「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」の2つのタイプがありますが、身体に良い影響を及ぼしてくれるのは善玉コレステロールとなります。

反対に悪玉コレステロールは身体に悪影響を及ぼし、さまざまな生活習慣病の原因となるので注意が必要です。

体内のコレステロール値は食べ物によって上下しますが、中性脂肪を多く含むハンバーガーやピザのような「ジャンクフード」と呼ばれる食品を好んで食べる人は、総じてコレステロール値が高くなる傾向が見受けられます。

ただし、コレステロール値は「運動」によって下げる事が出来るので、たとえ健康診断でコレステロール値が高いと診断されたとしても、定期的に運動を行うことで高くなってしまったコレステロール値を低下させていくことが出来ます。

ちなみに血液中の脂肪分(コレステロール)を減らすのに効果的な運動としては、ジョギングやウォーキングのような「有酸素運動」が最適だと考えられています。

ちなみに有酸素運動を行う頻度については可能であれば「毎日」が理想的ですが、難しければ週に三日、月に換算すると約「12日前後」を目安に行うと効果的にコレステロール値を下げることが出来ます。




コレステロールを下げるのにお勧めの運動


通常、健康診断などでコレステロール値が高いと診断された場合、食生活の改善から始めるのが一般的となっています。

しかし、コレステロールを効率良く下げたいのであれば食生活の改善と共に「日常的な運動」を行うことで、より早期にコレステロール値を低下させることが出来るようになります。

コレステロール値を下げるのに適した運動は、やはり脂肪燃焼効果の高い「有酸素運動」です。

代表的な有酸素運動としては「ジョギング」や「ウォーキング」などが挙げられますが、体力に自信が無い人や高齢者の人は身体に負担の少ない「水中ウォーキング」がオススメです。

水中ウォーキングは水の抵抗による負荷で効果的に筋肉を鍛えながら有酸素運動を行うことが出来ます。

また、水中ウォーキングは関節などに負担が掛からないので、怪我などの心配をせずに有酸素運動を行うことが出来る理想的な運動と言えます。