コレステロール値が高くなったら見るサイト 手軽にできる3つのポイントのメイン画像

コレステロール危険度チェック項目1 睡眠方法

睡眠不足でコレステロール値は上昇する?


飽食の時代が続く現代の日本では、一年に一回の健康診断で「コレステロール値」が高いと診断された人も多いかと思いますが、この状態を放置してしまうと動脈硬化や脳梗塞、高血圧や心不全などさまざまな血管系疾患のリスクが高まってしまうので注意が必要です。

健康診断によって「高脂血症」と診断された場合、それでも気にせずコレステロール値が高いままの生活を続けていると次第に「血液がドロドロ」の状態となってしまいます。

その結果、血液の固まりが血管の壁にこびりついて狭くなったり詰まったりする事で最悪の場合、心筋梗塞や心不全、狭心症などの重篤な疾患へと繋がってしまう恐れがあります。

コレステロール値は基本的に日々の食生活に左右されると言われていますが、それだけでなく「睡眠不足」によっても高くなる事が分かっています。

人間の身体は通常、寝ている間に成長ホルモンを分泌します。

この成長ホルモンには脂質を分解する働きがあるため、睡眠不足が続くと十分な量の成長ホルモンが分泌されないため、血液中のコレステロールが多く残ってしまうのです。

その結果、体内には常にコレステロールが高い値で蓄積され、「肥満」や「高脂血症」へと繋がってしまうのです。




コレステロールを正常値に戻すためには


私達の健康に大きく関わってくるコレステロール値ですが、食生活を改善する以外にも「睡眠不足」を解消する事によってコレステロール値を低下させることが出来ます。

最新の研究によると、睡眠不足が慢性化している人の方が肥満率が高いという結果が出ており、睡眠とコレステロールの密接な関わりが見て取れます。

もし健康診断などでコレステロール値が高いと診断されたら、まずは食生活を改善すると共に睡眠時間を約「7時間以上」は摂るように心掛けることが大切です。

もし現時点で睡眠時間が7時間を下回っているという人は、今より少しだけ早く心掛けるだけで効果的にコレステロール値を下げることが出来るのです。

また、人間の身体は寝ている間に脂質を分解する「成長ホルモン」を分泌していますが、この成長ホルモンの分泌がもっとも活発に行われるのが「夜間2時前後」なので、遅くとも0時には床に付いて眠るように心掛けることがコレステロール値を効率良く下げる秘訣です。