コレステロール値が高くなったら見るサイト 手軽にできる3つのポイントのメイン画像

コレステロール危険度チェック項目2 食事内容

コレステロールが作られるメカニズム


私たちの健康と密接な関わりがあるコレステロールですが、なぜ体内のコレステロールが増えるのかを正しく知る人はそれほど多くは無いのが現状です。

実をいうとコレステロールの7割以上は体内で作られており、コレステロールの量は身体の中でしっかりと調整されているのです。

どういう事かというと、食事から摂取するコレステロールが少なかった場合、その分だけ体内でコレステロールが作られて不足分を補います。

反対に食事から摂取したコレステロールの量が多い場合は身体の中で作られるコレステロールが減り、体内のコレステロール量が調節されるのです。

このように人間の体内では常にコレステロール量が一定になるように調節されているのですが、「食べ過ぎ」や「加齢」、「運動不足」などが原因で体内の中性脂肪が増加すると、コレステロール量の調整が上手くいかなくなってしまいます。

その結果、体内の中性脂肪が増加する事によってコレステロール量も増えてしまうのです。

そのため、「食べ過ぎ」によってコレステロール値が高くなってしまうケースが特に多く、ハンバーガーやフライドポテトなどの「ジャンクフード」を好んで食べる人はコレステロール値が高い傾向が見受けられます。




コレステロールの多い食品とその理由


コレステロールをたっぷりと含む食品は世の中に数多くありますが、これらの食品を日常的に食べ続けていると血液中の「悪玉コレステロール」が増加して血液がドロドロになってしまう恐れがあります。

ひとたびドロドロになった血液は固まりやすくなり、血管内で塊となって内壁にこびりつく事で血液の流れを阻害してしまいます。

酷い場合には血液の流れが滞ってしまい、「動脈硬化」や「脳梗塞」などの血管系疾患に繋がる事もあるので注意が必要です。

コレステロールを多く含む食品は数多くありますが、中でも「鶏卵」はコレステロール含有量が多いことで知られています。

また、肉類では「内臓」の部分にコレステロールが多く、魚類の場合は「魚卵」にコレステロールが多く含まれている事が分かっています。

また、若い人達の間で人気のハンバーガーやピザ、フライドポテトなどのジャンクフードには油がたっぷりと使われているため、コレステロール含有量も必然的に多くなります。

そのため、これらのジャンクフードを食べる機会が多い人はコレステロール値の上昇に注意が必要です。