コレステロール値が高くなったら見るサイト 手軽にできる3つのポイントのメイン画像

コレステロール値を下げるためにおすすめの方法はこれ

コレステロール値を下げるなら食事を改善


私達が生きていくためには欠かせない「食事」ですが、美味しい物を食べ過ぎてしまうとつい「カロリー」や「コレステロール」を摂り過ぎてしまうことも多々あります。

カロリーであれば日常生活の中で消費していく事が出来ますが、コレステロールの場合は脂質の一種なので過剰に摂取してしまうと体内に蓄積して「動脈硬化」や「脳梗塞」などの重大な疾患の原因となってしまいます。

そのため、健康診断でコレステロール値が高いと診断されたら先ず真っ先に「食生活の改善」を行う必要があります。

美味しい物のほとんどは糖質と脂質で出来ているため、食べ過ぎてしまうと不健康の元となってしまいます。

特に脂質は過剰に摂取するとコレステロール値が上がり、血液がドロドロの状態になってしまうので注意が必要です。

一度、高くなってしまったコレステロール値を下げるためには、血液をサラサラにする事で知られるDHAやEPAを多く含む「青魚」を積極的に食べるのがオススメです。

秋刀魚やイワシ、アジなどの青魚に含まれるDHAとEPAは必須脂肪酸と呼ばれ、外部から摂取しなければ不足してしまいます。

このDHAとEPAはコレステロールを減らして血液をサラサラにする効果があるので、青魚は高いコレステロール値で悩む人にオススメの食材と言えるのです。





野菜でコレステロールの吸収を抑制


健康診断でコレステロール値が高いと診断された人は、コレステロール値を下げる食材を摂取すると共にコレステロールの吸収を抑える「食物繊維」を多く含んだ食材を食事に取り入れる必要があります。

食物繊維には水溶性と不溶性の二種類がありますが、コレステロールの吸収を抑える働きがあるのは「水溶性の食物繊維」となります。

そのため、水溶性の食物繊維を多く含んだエシャロットやアボカド、オクラや枝豆、モロヘイヤ、明日葉、ひじき、リンゴ、みかん、サツマイモなどの食材を日常的に摂取する事でコレステロール値の上昇を抑制する事が出来ます。

とはいえ、毎日のようにこれらの食材を食べるのは難しいので、野菜ジュースにして飲むのが継続の秘訣です。

コレステロールの吸収を抑える野菜ジュースの作り方としては、まず「豆乳」と「リンゴ」、「みかん」、「モロヘイヤ」、「明日葉」、「小松菜」を用意してミキサーにかけます。

その後、ドロドロになったジュースにレモン汁をたっぷりと絞れば完成となります。