コレステロール値が高くなったら見るサイト 手軽にできる3つのポイントのメイン画像

総括(対策して分かった私のコレステロール対策)

理想的なコレステロール対策とは


現代人の多くは偏った食生活を送る傾向があり、食の欧米化が進んだ事によって「脂質」を好んで摂取する人が日本国内でも増加傾向にあります。

脂質にも幾つかの種類がありますが、私たちの健康に大きく関連してくる脂質の代表格として「コレステロール」の名が挙げられます。

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールに分類され、主に「悪玉コレステロール」が身体に悪影響を及ぼす事で知られています。

血液中のコレステロールをコントロールする為には、「食生活」と「生活習慣」、そして「運動」の三拍子を正しく揃えることが大切です。

理想的なコレステロール対策としては、食事は常に脂質控えめのメニューを選び、野菜中心の食生活に切り替えます。

そして飲酒やタバコを控え、「睡眠不足」にならない生活を送ることが理想的なコレステロール対策へとつながります。

睡眠はコレステロールをコントロールする上で重要な要素となるので、最低でも「一日に7時間以上」は眠れるように睡眠時間を確保することが大切です。

また、週に三日はジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行うように心がけ、体内の悪玉コレステロールを減らす努力を続ける必要があります。

結論を言えば、理想的なコレステロール対策は「規則正しい生活」と「栄養バランスの良い食生活」、そして「定期的な運動」を継続する事によって実現するのです。




生活習慣以外が原因のコレステロール対策


コレステロール値が高い人の大半は日々の食生活が乱れていたり、不規則な生活習慣が原因で体内のコレステロール量が増えてしまっています。

しかし、中には規則正しい生活を送り、食事も栄養バランスに気をつけているのにコレステロール値が高くなってしまうという人も少なからず存在します。

そういった人たちは生活習慣や食生活ではなく、「何らかの病気」や「遺伝的要素」を疑う必要があります。

たとえば病気が原因の場合、高血圧症や糖尿病のような食生活に左右される疾患を持つ人は、コレステロール値が上がってしまう傾向があります。

ほかにも甲状腺機能低下症や腎臓病などが原因でコレステロール値が上がっている場合もあるので、心当たりがある人は一刻も早く最寄の病院を受診する事をオススメします。

また、遺伝が原因でコレステロール値が高い場合は、食生活や生活習慣の改善と共にコレステロールを下げる薬を併用する必要があります。

もし高血圧や糖尿病のような病気に心当たりが無く、痩せているのにコレステロール値が高いと診断された場合は遺伝的要素を疑い、いち早く専門医に相談する事が大切です。