コレステロール値が高くなったら見るサイト 手軽にできる3つのポイントのメイン画像

そもそもコレステロールが増える理由

コレステロール値とは


私たち人間の身体には血液が流れていますが、この血液の中には食べ物から取り込んださまざまな物質が溶け込んでいます。

その中でも血液中に溶け込んでいる「脂質」は生命活動を支える上で多くの役割を担っています。

血液中に溶け込んでいる脂質には幾つかの種類があり、主に「コレステロール」や「中性脂肪」、「リン脂肪」、「遊離脂肪酸」の四つに分類されます。

これらの脂質はそれぞれ異なる働きと性質を持っていますが、身体の健康と密接な関わりがある「コレステロール」の血中濃度には日頃から注意しておく必要があります。

コレステロール値とは、血液中の液体部分1デシリットル中に含まれるコレステロールの量を数値化したもので、このコレステロール値が正常値を超えてしまうと「高脂血症」と呼ばれる状態になります。

日々の食事によって体内に取り込まれたコレステロールは細胞膜を構成する成分やホルモン、胆汁酸の原料になるなど非常に重要な役割を担います。




コレステロールが増える理由


私たちは日々の生活の中でさまざまな食品を口にしていますが、食事によって体内に取り込まれた「コレステロール」は身体のさまざまな部分に分配されて各所で細胞膜を構成する成分やホルモンの原料になる等、重要な役割を担う事になります。

しかし、時にコレステロール値が正常値を上回って健康に悪影響を及ぼすことがあります。

コレステロールが増える原因として考えられるのは、「遺伝的な素質」や「食生活・生活習慣」、「何らかの病気」などが挙げられます。

中でも特に多いのが食生活や生活習慣が要因となるものです。

日々の生活の中で「食べ過ぎ」や「肥満」、「運動不足」や「食物繊維の摂取不足」などを自覚している人はコレステロール値が増えて「高脂血症」を発症している可能性があるので注意が必要です。




コレステロール値を上げない為の食事法


私たちの健康に大きな影響を及ぼす恐れのあるコレステロールですが、正常値を保つためには日々の食生活を見直すことが大切です。

まずは摂取するエネルギーを抑えつつ、脂質の多い食べ物を控えることが大切です。

また、悪玉コレステロールを増加させたりさまざまな生活習慣病の原因となり得る「トランス脂肪酸」を多く含むマーガリンやフライドポテト、マヨネーズやアイスクリームなどの食品をなるべく避け、野菜中心の食生活に切り替えることがコレステロール値を上げない為の食事法です。